Blogs
2014年10月 の記事

今月は、6日と27日です。

皆さんのお越しをお待ちしてます。

 

otokiso oct.JPG

〔 October 27, 2014 〕 カテゴリ:NHK おとなの基礎英語練習会お知らせ

〔 October 26, 2014 〕 カテゴリ:Halloween

D先生、Embellirの吉田先生、お菓子工房harukoさん、ありがとうございました。 おかげさまで楽しいハロウィーンパーティーとなりました。 Trick or Treatingの様子はまた後日投稿します。

〔 October 21, 2014 〕 カテゴリ:Halloweenお知らせ

10月19日(日) 午後5時より7時まで

稔台市民センター 本館1階 第4会議室

halloween 2014 title.JPG

まずは、有花先生のデコパージュからスタート♪

次は、仮装行列 ⒽⒶⓅⓅⓎฺ (*'♉ฺ ≦)☆

そして、ゲーム

最後に第六回発表会です。

デコパージュは、お宅にお気に入りの柄の紙ナプキンがありましたら

お持ちになっていただいても良いそうですよ。

なんかワクワクしますね~~

デコパージュ作品に仮装行列、写真をいっぱい撮りたいです。

ゲームは英語を習ったことのない方も楽しんでいただけるものばかり。

仮装行列に参加希望される方は、是非、事前にご一報ください。

 

mail@eigonokyoushitsu.com

 

参加費:お菓子代 500円(お菓子工房harukoさんのお菓子)

会場費   100円

デコパージュは、選ぶものによってお値段が異なります。

バッジと石鹸が500円、キャンドルが800円となります。

 

〔 October 19, 2014 〕 カテゴリ:Halloweenお知らせ

第6回 Show and Tell 発表会とハロウィーンパーティーの日程をお知らせいたします。

10月19日(日)

午後5時~7時

稔台市民センターで行います。

 

今回は、中身の濃いハロウィーンパーティーになりますよ。face_smile

 

内容の詳細が決まりましたらまたお知らせいたしますね。

 

 

 

 

〔 October 19, 2014 〕 カテゴリ:HalloweenShow and Tellレッスン・イベント

今年はすごいですmark_ecstoramation

 

ハロウィーンパーティーのメニューはこちら

 

1.Show and Tellビデオ発表会

2.ハロウィーン ゲーム

3.Trick or Treating (仮装をしてお菓子をねだりにいきます(^_-)-☆)

2番と3番は入れ替わる可能性があります。

今年は、稔台で超人気のあるお店にTrick or Treating ♪

変装が条件なので変装していないとお菓子はもらえません。face_shishishi

4.デコパージュ体験

吉田有花先生をお招きして可愛いデコパージュを作りましょうsparkling

 

さて、市民センターのお部屋ですが、直前にお知らせいたします。

お待ちください。<<(_ _)>>

halloween 2014 title.JPG

2014 Halloween decopage.JPG

お申し込みは mail@eigonokyoushitsu.com までお願いいたします。<<(_ _)>>

 

〔 October 19, 2014 〕 カテゴリ:HalloweenShow and Tellお知らせ

〔 October 18, 2014 〕 カテゴリ:英語学習 動画

〔 October 18, 2014 〕 カテゴリ:英語学習 動画

お知らせです。

 

諸般の事情により

 

レトロカフェさんでの『行ったつもりの英会話』は

 

10月10日をもちまして終了させていただきます。

 

レトロさんは、行ったつもりの英会話の原点です。

 

マスターの久我さん、そして、今まで参加してくださった方々

 

ありがとうございました。

 

皆さんのおかげで今の『行ったつもりの英会話』があります。

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これからもスタートした時の気持ちを忘れずに

 

気持ちよく英語を話せる雰囲気のワークショップを

 

演出していきたいと思います。<<(_ _)>>

 

I thank everyone for your cooperation. face_shy

 

Yoko Mori with sincere gratitude...

 

I'm looking forward to seeing you at MOKICHI Coffee or at my classroom.

 

 

 

 

 

 

 

 

〔 October 10, 2014 〕 カテゴリ:お知らせ行ったつもりの英会話 プライベート

 

最近の日本人の少なさに落胆するという中村氏。日本人はとても優秀な民族で半端なく賢い。だからいいものを作る。でも商売が下手。英語によるコミュニケーション能力が欠如しているので、せっかく世界に通じるいいものを作っても、それが日本国内だけにとどまり、グローバルな製品にならない。日本人が語学力を付ければ、もっともっと世界でトップを取れるのにもったいないと嘆く。
「アメリカ人も日本人が大好きですよ。とにかく約束を守る。みんながみんな、言ったことをちゃんと最後までやる。こんな民族は日本人だけです。だからアメリカ企業は日本の企業と提携したがるのです。アジアのほかの国では言ったこととやることがまったく違うという国もあります。最後に裏切られる。そういう国と比較するまでもなく日本人は優秀です。言葉さえできれば日本人はなんでもできるんじゃないですかね」
英語で意思表示ができるようになれば、日本人はいまだ世界でもトップレベルでいられるという。また、中村氏は、大学教育の違いについても言及する。
「アメリカの理工系の教授はみんな、100%、企業のコンサルティングをやっています。そのうち半分はベンチャー企業の経営者でもある。なぜならそういう人しか、大学が採用しないからです。そうやって旬の情報を学生に還元するわけです。いま起こっていることを学生に教える。だから学生も現場で起こっている生の情報を学べるわけです。
でも日本は違いますよね。昔のことを永遠に教えている先生もいる。学生がかわいそうですよ。だから優秀な若者はどんどんアメリカに来ればいい。そういうふうな流れが当たり前になれば、さすがに日本政府も考えを改めるんじゃないですか。もしくは行くところまで行って沈没すれば目を覚ますかもしれない。半導体がダメ、テレビ業界もダメですから、システムを変えない限り、最後は自動車業界にまでダメになって、このままあらゆる業界がダメになっていきますよ」
中村氏の指摘のとおり、いくらアベノミクスだなんだといっても、日本はいま、円安などで一時的に景気がよい感じがするだけであって、中小企業含め企業が大きく成長している実感はない。いま抜本的な改革を行なっていかないと、人口も減りつつある現在、日本は本当に衰退していくのだろう。英語が話せないうちに体力もなくなって優秀ささえ失われていくかもしれない。
翻って英語学習に関しても、文部科学省が現在行なっている「小学校外国語活動」で、英語のコミュニケーションがうまくいくとも思えない。しかも今後は、現在小学5年生からの活動を小学3年生からに早めるそうだ。中学校から長きにわたって英語を学んできた40~50代の人たちが話せないのは英語学習を始める時期ではなく、その方法だと思う。それを2年早め、さらに2年早める、といった「英語学習は早くから」というお題目のみを解決策と考えてしまうような官僚と国会議員では、本当にお先真っ暗としかいえない。いまこそ、我々一人ひとりが、なにをやるべきなのか、真剣に考えるときなのだろう。

最近の日本人の少なさに落胆するという中村氏。日本人はとても優秀な民族で半端なく賢い。だからいいものを作る。でも商売が下手。英語によるコミュニケーション能力が欠如しているので、せっかく世界に通じるいいものを作っても、それが日本国内だけにとどまり、グローバルな製品にならない。日本人が語学力を付ければ、もっともっと世界でトップを取れるのにもったいないと嘆く。

 

「アメリカ人も日本人が大好きですよ。とにかく約束を守る。みんながみんな、言ったことをちゃんと最後までやる。こんな民族は日本人だけです。だからアメリカ企業は日本の企業と提携したがるのです。アジアのほかの国では言ったこととやることがまったく違うという国もあります。最後に裏切られる。そういう国と比較するまでもなく日本人は優秀です。言葉さえできれば日本人はなんでもできるんじゃないですかね」

 

英語で意思表示ができるようになれば、日本人はいまだ世界でもトップレベルでいられるという。また、中村氏は、大学教育の違いについても言及する。

 

「アメリカの理工系の教授はみんな、100%、企業のコンサルティングをやっています。そのうち半分はベンチャー企業の経営者でもある。なぜならそういう人しか、大学が採用しないからです。そうやって旬の情報を学生に還元するわけです。いま起こっていることを学生に教える。だから学生も現場で起こっている生の情報を学べるわけです。

 

でも日本は違いますよね。昔のことを永遠に教えている先生もいる。学生がかわいそうですよ。だから優秀な若者はどんどんアメリカに来ればいい。そういうふうな流れが当たり前になれば、さすがに日本政府も考えを改めるんじゃないですか。もしくは行くところまで行って沈没すれば目を覚ますかもしれない。半導体がダメ、テレビ業界もダメですから、システムを変えない限り、最後は自動車業界にまでダメになって、このままあらゆる業界がダメになっていきますよ」

中村氏の指摘のとおり、いくらアベノミクスだなんだといっても、日本はいま、円安などで一時的に景気がよい感じがするだけであって、中小企業含め企業が大きく成長している実感はない。いま抜本的な改革を行なっていかないと、人口も減りつつある現在、日本は本当に衰退していくのだろう。英語が話せないうちに体力もなくなって優秀ささえ失われていくかもしれない。

 

翻って英語学習に関しても、文部科学省が現在行なっている「小学校外国語活動」で、英語のコミュニケーションがうまくいくとも思えない。しかも今後は、現在小学5年生からの活動を小学3年生からに早めるそうだ。中学校から長きにわたって英語を学んできた40~50代の人たちが話せないのは英語学習を始める時期ではなく、その方法だと思う。それを2年早め、さらに2年早める、といった「英語学習は早くから」というお題目のみを解決策と考えてしまうような官僚と国会議員では、本当にお先真っ暗としかいえない。いまこそ、我々一人ひとりが、なにをやるべきなのか、真剣に考えるときなのだろう。

こちらの記事は以下のURLで全文お読みになれます。

 

〔 October 8, 2014 〕 カテゴリ:お知らせつぶやき